【履歴】

1982年 東京都北区生まれ

2002年 国際医療福祉大学入学

2006年 国際医療福祉大学卒業

2006年 見龍堂メディケアユニッツ病院(栃木県) 入職

2006年 国際医療福祉大学大学院 修士課程 入学

2008年 国際医療福祉大学大学院 修士課程 卒業

2011年 見龍堂メディケアユニッツ病院 退職

2011年 長野医療生協 老人保健施設ふるさと 入職

現在に至る

 

BiNIに出会ったきっかけ】

職場の同期に「BiNIっていう新しいセミナーあるよ」と言われ、興味本位でABコースを受講しました。日々の臨床の中で、ゴールデンスタンダードアプローチに対して疑問を感じていながらも、自分自身では解決できずにもやもやとしていましたが、BiNIはその疑問を次々に解決してくれました。その時から、自身の迷いを振り払えたことを感じBiNIに魅了されていきました。

 

BiNIの経歴】

20135月  A.統合的運動連鎖の概念とその理解に必要なバイオメカニクス・

         運動器連結

                    B.統合的運動連鎖概念の理解に必要な神経システム・左右特異性

        10月  BiNIの原理に基づく脊柱の評価と感覚入力

        11月   D.触察とMobilityの治療

  E.触察とStabilityの治療

    F.誘導と動作における統合                         12   膝OA実践編

 足部テクニック

2014  3   脳卒中実践編

     5    アメリカ足病医学バイオメカニクスに基づくオーソティックを用       いた運動生成アプローチScene1:Podiatric Biomechanics

2015  5    GROWING

2015  6月  BiNI Wave system

9月  FLOWER

12月  相同性を用いた足部・手部へのアプローチ

2016年 2    眼球運動・視覚と運動生成

 

【これからの抱負】

自分自身の知識や技術をさらに磨き続け、「片麻痺を治す」を目指していきたいと思います。また、アシスタントとしてBiNIの魅力を全国に伝えて、BiNIのフィールドをさらに広げていきたいと思います。