Clinical BiNI in the summer 〜臨床実践〜

BiNIを学んだが臨床にうまく活かしきれていない」

BiNIってどんな感じか知りたい」

「後輩が気になってるから紹介したい」

そんな声にお応えするべく

BiNI経験者、BiNIお初の方にも、臨床のステップアップになるようなセミナーを構築致しました。

認定セラピストのみで開催するセミナーになります。

好評のため、今回より、夏と冬の開催が決定いたしました。

 

セミナー概要

日時:2018年8月11日(土・祝日)〜8月12日(日)

   両日9:3017:00 

会場:東京都 両国コアシティ 3階

対象:理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 柔道整復師 など

  (今までに参加されたことのない方も大歓迎です。)

参加費:2日間受講  15,000

    1日のみ受講  8,000

定員:60名

内容:まずは根幹である統合的運動生成概念を理解(確認)した上で、認定セラピストがどう臨床展開しているのかに触れ、その評価・アプローチ方法を学びます。実技は多数の認定セラピストで密にアシストさせていただきます。

 

8月11日(1日目) 

スピーカー:小口和弘 浦田誠 大脇毅 谷真萌美 山内文英

8月12日(2日目)   

スピーカー:佐竹拓也 佐藤純也 田中佳紀 荒井康祐   

 

8月11日 内容

 9時30分〜11時30分

  「脳卒中に対する良好な感覚入力を考える」

    大脇毅、谷真萌美 

 

 11時30分〜13時

  「膜組織への介入(仮)」

    浦田誠

 

 14時〜16時

  「THA術後早期の痛みを出さないパフォーマンス改善策」

    小口和弘、山内文英

  

 16時〜17時

  「臨床ブッフェ」

 

8月12日 内容(タイトルは決定次第随時掲載します。)

 9時30分〜11時 

  「引き込み現象を用いた評価と結合組織に対するアプローチ」

    佐竹拓也

 

 11時10分〜12時40分 田中佳紀

 

 13時40分〜15時10分 佐藤純也

 

 15時20分〜16時50分 

  「重症例に対して我々は何ができるか? 〜BiNI Approach の可能性」

    荒井康祐

 

メモ: * は入力必須項目です