日 時  2018年6月23日(土)9:30~17:00

会 場  バイニーリハビリセンター諏訪

内 容 

SONIC-wave(音の波):いわゆる縦波の性質をもつこの波は、我々が治療に応用することが可能な力学的エネルギーを生み出します。また波なので干渉させることも可能です。

音波は空気分子を振動させ、それが鼓膜や耳石を振動させることでヒトが「聞く・聴く」ということをいうことを可能にしています。聴覚刺激としての音波には心地よいと感じる周波数帯やリズムなどがあることはわかっております。

これに加えて、空気分子の振動による運動エネルギーは直接我々の皮膚を刺激し、その感覚は暗黙的に入力されています。

人の可聴範囲を超えるほど細かく振動する音として、超音波があります。この周波数帯はヒトが意識できるような聴覚刺激はできないものの、身体反応に影響を与えていることはわかっております。さらに物理療法機器としての超音波は創傷治癒促進や組織の硬度減少に大変有用であることは明らかです。

今回は、これらの音の性質を理解したうえで、BiNIの原理に照らし合わせて「音の波」をどのように利用するのか「周波数調整、干渉パターン、強度、刺激ベクトル、リズム」といった観点から、音楽や超音波治療器を用いて我々が用いる独特な手法とその変化を確認していただきます。

またトピックスとして、波と粒子の性質を併せ持つ「光」のエネルギーを用いた神経の刺激方法をお伝えするとともに、その変化も確認していただきます。

 みなさんお一人おひとりの治療の創造的進化を促進するための超少人数制セミナーです。

講 師  舟波真一

受講費  20,000円 

定 員  20名(定員に達し次第、締め切ります)

申 込  下記申し込みフォームよりお申し込み下さい。

持ち物  動き易い服装(肌を露出しやすい服装)、バスタオル 、資料

 

 

メモ: * は入力必須項目です